ホーム>> 診断薬試薬/研究試薬 >> 組換え蛋白質>> Recombinant Mouse Adiponectin / 組換えマウスアディポネクチン

Recombinant Mouse Adiponectin / 組換えマウスアディポネクチン


概要

 アディポネクチン(Adiponectin/Acrp30/AdipoQ)は主に脂肪細胞から産生されるサイトカインで、ヒトタンパク質は、大阪大学 松澤教授ら1)、マウスタンパク質は、MIT Lodishら2)によって同定されました。血清中では3量体を基本構造とした多量体を形成しており3)、血中濃度は他のサイトカインより高濃度で存在しております。抗炎症作用4)、インスリン感受性を高める抗糖尿病作用5)、血管修復による動脈硬化抑制作用6)、筋肉や肝臓における脂肪燃焼作用7)等、数多くの作用が報告されており、メタボリックシンドロームの新たな指標候補としても注目されています。

 本製品は、哺乳細胞を宿主として作製されており、高分子アディポネクチンを多く含んでおります。

製品
仕様

由来         :マウス
分子量        :28  kDa (monomer, predicted)
濃度         :1 mg/mL
純度         :> 90% (SDS-PAGE)
エンドトキシンレベル :< 0.1 EU/ μg
保存         :冷凍(-70℃以下)

基礎データ
 

価格

製品番号包装 
47024000100μg

参考文献

1.Maeda, K., et al. (1996): Biochem, Biophys. Res. Commun. 221: 286.
2.Schereer, PE., et al. (1995): J. Biol Chem. 270, 26746.
3.Waki, H., (2003) : J. Biol Chem. 278,40352.
4. Ohashi, K ., et al. (2010): J. Biol Chem. VOL. 285, 6153.
5.Tonelli, J., et al.(2004): Diabetes.53: 1621.
6.Matsuda, M., et al .(2002): J. Biol Chem. 277, 37487.
7.Yamauchi , T., et al.(2007): Nat. Med. 13: 332.

関連製品

■ Recombinant Human Adiponectin

■ Anti-Human Adiponectin mAb (8A1)

■ Anti-Human Adiponectn mAb (8B3)

■ Anti-Human Adiponectin IgG

高脂肪飼料 (F2HFD2)、高脂肪高ショ糖食:脂肪含量30%(F2HFHSD)、脂肪分60%カロリー比高脂肪飼料(HFD-60)などさまざまな特注飼料も取り揃えております。
http://www.oyc-bio.jp/products/view/animal010
■ 

※本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。