ホーム>> 診断薬試薬/研究試薬 >> 組換え蛋白質>> LIF / 組換え白血病抑制因子

LIF / 組換え白血病抑制因子

LIF (Leukemia Inhibitory Factor)

概要

LIF (Leukemia Inhibitory Factor : 白血病抑制因子) は白血病細胞の増殖を阻害してマクロファージへの分化を誘導する因子として発見されたサイトカインで、IL-6ファミリーに属し、LIFR/gp130レ セプターを介して、JAK1、JAK2を活性化します。LIFはTリンパ球、単球、マスト細胞、神経細胞など多種類の細胞で発現しており、マクロファージ の分化誘導以外にも、胚着床、神経細胞の伸展、骨代謝、甲状腺機能、造血細胞の増殖など様々な機能があることが知られています。

LIF はマウスES/iPS細胞の未分化性を維持する機能を持つと共に、近年、ヒトLIFはヒトiPS/ES細胞をナイーブ化するために必要な因子の1つとしても注目されています。

弊社の組換えヒト及びマウスLIFは、独自の組換え蛋白質大量生産技術により産生したものです。

製品仕様

由来                      : ヒト
分子量                   : 20.8 kDa (Hisタグ融合蛋白質)
濃度                      : ≥ 1 mg/mL (PBS, 1 mM EDTA, 1 M NaCl)
純度                      : ≥ 95% (SDS-PAGE)
エンドトキシンレベル  : ≤ 0.1 EU/μg
保存                      : 冷凍 (-70℃以下)


由来                      : マウス
分子量                   : 20 kDa
濃度                      : ≥ 1 mg/mL (PBS, 1 mM EDTA, 1 M NaCl)
純度                      : ≥ 95% (SDS-PAGE)
エンドトキシンレベル  : ≤ 0.1 EU/μg
保存                      : 冷凍 (-70℃以下)

基礎データ

マウスES細胞におけるアルカリフォスファターゼの活性比較


マウスES細胞(EB3)をゼラチンコートプレートにてLIFを含む培地で7日間継代培養した。細胞を固定した後にアルカリフォスファターゼ染色を行った。

上段: LIFを 10 ng/mL含む培地にて培養した細胞
下段: LIFを含まない培地にて培養した細胞


ERK リン酸化による活性比較

    弊社   B社 
(-)  mLIF  mLIF
弊社   B社 
(-)  mLIF  mLIF
P-ERK1/2 P-ERK2 →
P-ERK1 →
ERK1/2 ERK2 →
ERK1 →

1x105個の3T3-L1細胞をプレートに播種し、翌日、無血清培地へ培地交換した。24時間インキュベート後、10 ng/mL LIFで10分間刺激し、WesternBlot にてERK1/2のリン酸化を確認した。

価格

Recombinant Human LIF
製品番号包装 
NIB 4707600020 μg
NIB 47077000200 μg
Recombinant Mouse LIF
製品番号包装 
NIB 4708000020 μg
NIB 47081000200 μg

参考文献

1.Hilton D. and Gough M. (1998). Cytokines, chapter 20, 277-288. Academic Press Limited.
2.Miyaoka Y. Tanaka M, Naiki T, Miyajima A(2006). J Biol Chem.281(49):37913-20.
3.Laurence Dahéron1, Sarah L. Opitz1, et al. (2004) STEM CELL.S22(5):770–778
4.Jessica C Hogan and Jacqueline M Stephens(2005) J Endocrinol.185,485-496
5.Stephens JM,Lumpkin SJ et al.(1998) J Biol Chem.;273(47):31408-16.
6.Gafni O, Weinberger L et al.(2013) Nature;504(7479):282-6.

*バルク注文については営業部、ホームページまでお問い合わせください。
*本品は研究用試薬であり、医薬品ではございません。