ホーム>> 診断薬試薬/研究試薬 >> 組換え蛋白質>> LIF / 組換えマウス白血病抑制因子

LIF / 組換えマウス白血病抑制因子

Recombinant mouse Leukemia Inhibitory Factor

概要

rmLIFはマウスES細胞の未分化性を維持する機能をもつタンパク質です。本来LIFは、白血病細胞の増殖を阻害してマクロファージへの分化を誘導する サイトカインとして発見されましたが、その他にも、胚着床、神経細胞の伸展、骨代謝、甲状腺機能、造血細胞の増殖など、さまざまな機能があることが知られ ています。

製品仕様

由来                      : マウス         
分子量                   : 20 kDa
濃度                      : 1 mg/mL (PBS, 1 mM EDTA, 1 M NaCl)         
純度                      : > 95% (SDS-PAGE)
エンドトキシンレベル  : < 0.1 EU/μg
保存                      : 冷凍 (-70℃以下)

基礎データ

 

マウスES細胞(EB3)をゼラチンコートプレートにてLIFを含む培地で7日間継代培養した。細胞を固定した後にアルカリフォスファターゼ染色を行った。

上段: LIFを 10 ng/mL含む培地にて継代した細胞
下段: LIFを含まない培地にて継代した細胞

 

 

1x105個の3T3-L1細胞をプレートに播種し、24時間後に無血清培地へ培地交換し24時間インキュベートした。3T3-L1細胞を 10 ng/mLのLIFで10分間刺激し、Western Blot にてERK1/2のリン酸化を確認した。


 

価格

製品番号包装 
4763100010μg
47631001100μg
47631900バルク

参考文献

  1. Hilton D. and Gough M. (1998). Cytokines, chapter 20, 277-288. Academic Press Limited.
  2. Carpenter M.K., Cui X., Hu Z., Jackson J. et al (1999). Experimental Neurology 158: 265-278.
  3. Vogiagis D. and Salamonsen L.A. (1999). Journal of Endocrinology. 160: 181-190.
  4. Kami K., Morikawa Y., Kawai Y. and Senba E. (1999). Muscle & Nerve 22: 1576-1586.
  5. Ren S.G., Seliktar J., Li X., Hersham M. et al (1999). J. Clin. Endo. Metab. 84: 2883-2887.
  6. Shih C.C., Hu M.C., Weng Y. et al (2000). Blood 95: 1957-1966.
  7. Niwa H,, Masui S,, Chambers I., Smith A.G., Miyazaki J. (2002). Mol Cell Biol. 22: 1526-36.

※本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。