ホーム>> 診断薬試薬/研究試薬 >> 組換え蛋白質>> Cytokines / サイトカイン

Cytokines / サイトカイン

Cytokines

概要

サイトカインは多様な細胞が産生し、生体調節機構に関与する細胞間相互作用を担う分泌タンパク質群です。これらは、周囲の細胞とコミュニケーションを図りレセプターと結合することで情報を伝達し、免疫、細胞の増殖分化、機能発現等の変化をもたらせます。

本製品サイトカインは大腸菌で発現した高活性・高品質な可溶型組換えヒトタンパク質です。骨代謝因子と細胞増殖因子、インターロイキンをご用意しました。分化誘導、細胞・組織培養をはじめ再生医療の研究にご利用ください。

特長

高純度: >98%(SDS-PAGE、HPLC)
※組換えヒトsRANKLはSDS-PAGEのみ
高活性

製品仕様

由来: ヒト
発現系: E. coli
納品形態: 凍結乾燥品
※ 組換えヒトsRANKLは凍結液状品

価格

組換えヒトBMP-2
製品番号包装 
PMC-BMP2-55μg
バルク
組換えヒトBMP-4
製品番号包装 
PMC-BMP4-55μg
バルク
組換えヒトEGF
製品番号包装 
PMC-EGF-500500μg
バルク
組換えヒトFGFbasi
製品番号包装 
PMC-FGFb-5050μg
バルク
組換えヒトIL-3
製品番号包装 
PMC-IL3-1010μg
バルク
組換えヒトIL-4
製品番号包装 
PMC-IL4-1010μg
バルク
組換えヒトIL-5
製品番号包装 
PMC-IL5-1010μg
バルク

参考文献

  1. Kruse, N., Tony, H.P. and Sebald, W. (1992) Conversion of human interleukin-4 into a high affinity antagonist by a single amino acid replacement. Embo J, 11, 3237-44.
  2. Hage, T., Sebald, W. and Reinemer, P. (1999) Crystal structure of the interleukin-4/receptor alpha chain complex reveals a mosaic binding interface. Cell, 97, 271-8.
  3. Sporn,MB. Transforming growth factor-beta: biological function and chemical structure. Science (1986) 233: 532-534.
  4. Meager A. Assays for transforming growth factor beta. J Immunol. Method (1991) 141:1-14.

※本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。
※組換えヒトIL-4はISO-9001準拠。
※当製品は、(株)プライミューンが製造しております。
※組換えヒトsRANKLはオリエンタル酵母工業(株)で製造しています。