ホーム>> 診断薬試薬/研究試薬 >> 組換え蛋白質>> rLAMININ-5 / 細胞外マトリックス研究用試薬  ラミニン-5

rLAMININ-5 / 細胞外マトリックス研究用試薬  ラミニン-5

Recombinant Human Laminin-5 (rLM5)(rLAMININ-332)
Host cell : HEK293

概要

細胞外マトリックス研究用試薬

ラミニン-5はα3、β3、γ2のサブユニットで構成される十字架状の構造を形成する細胞外マトリックス(ECM)タンパク質で、皮膚、肺等の基底膜に局在しています。

ラミニン-5は他のECM分子と比較して非常に高い細胞接着活性、細胞運動活性、神経突起伸展活性を示し、また骨髄の間葉系幹細胞などの増殖を促進します。

このような機能を有するヒトのラミニン-5を組換え蛋白質として発現したものをご提供いたします。

特長

高い細胞接着活性を有する組換え蛋白質
高純度(SDS-PAGEにて95%以上)

製品仕様

マイナーバンドは切断型a3鎖のマイナーアイソフォーム

※マイナーバンドは切断型a3鎖のマイナーアイソフォーム
(約145 kDa)と非切断型γ2鎖(約150 kDa)


 

ラミニン-5の構造


 

由来 ヒト
濃度 20 μg/mL
溶媒組成 30 mM Tris-HCl (pH8.0)他
分子量 450kDa
細胞接着
活性

ラミニン-5の細胞接着活性

rLm5処理プレートでの培養1時間後のBRL細胞
(バッファローラット上皮性肝細胞)接着の様子
(scale bar : 50μm)

接着
アッセイ

接着アッセイ

濃度調整を行ったrLm5処理プレートでBRL細胞を
無血清培地にて1時間培養後、固定・洗浄。

Crystal violetにて染色した後、O.D.595を測定。

価格

製品番号包装 
472000002μg
472010002μg×5
47198900バルク

参考文献

  1. ・Kariya, Y., et al. (2002) J. Biochem.132, 607-612.
  2. ・Hashimoto, J., et al. (2006) Stem Cells 24, 2346-2354..

ダウンロード資料

PDFLaminin-5関連試薬リーフレット

※本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。