ホーム>> 診断薬試薬/研究試薬 >> マーカー/その他試薬>> 分化誘導ペプチドW9 / 研究用試薬

分化誘導ペプチドW9 / 研究用試薬


概要

W9ペプチド(WP9QY)は、9個のアミノ酸から構成される環状ペプチドです(1)。W9ペプチドは、破骨細胞形成抑制作用を持つことが既に報告されていますが(2)、 この度、新たに骨形成作用及び軟骨修復作用を有することを見出しました(3)。マウス骨芽前駆細胞MC3T3-E1細胞にW9ペプチドを添加することにより、ALP活性亢進や石灰化を誘導できます。
本製品は上記活性を有するペプチド溶液として調製されていますので、バイオアッセイにそのまま使用することができます。

製品仕様

製品形態      :ペプチド溶液
溶  媒      :PBS (-)
保存条件      :冷凍 (-70℃以下)
濃  度      :10 mg/mL 以上
品質規格      :MC3T3-E1細胞でのALP活性亢進
エンドトキシンレベル:< 0.1 EU/μg
容  量      :1 mg x 2本

使用上の注意:
①恒温槽(37℃)などを用い1~2分程度で素早く融解させ、融解後はすみやかにご使用下さい。
②凍結融解は1回までとし、再度凍結保存する場合は25 µL以上の容量で分注し、-70℃以下で保存して下さい。
③上記の方法で融解した場合にも、溶液がやや濁ることがありますが、生物活性には影響ありません。
また、細胞培養に本製品を使用された場合、細胞上に沈殿物が見えることがありますが、活性に影響はありません。

基礎データ

価格

製品番号包装 
NIB 470309001 mg × 2

参考文献

  1. Stimulation of bone formation in cortical bone of mice treated with a receptor activator of nuclear factor- κB ligand (RANKL)-binding peptide that possesses osteoclastogenesis inhibitory activity. Furuya Y, Inagaki A, Khan M, Mori K, Penninger JM, Nakamura M, Udagawa N, Aoki K, Ohya K, Uchida K, Yasuda H. J Biol Chem, 288: 5562-5571, 2013
  2. The local administration of TNF-a and RANKL antagonist peptide promotes BMP-2-inducedboneformation Masud Khan AA, N, Soysa NS, Mamun M, Nagano K, Mikami R, Furuya Y, Yasuda H, Ohya K, Aoki K, J Oral Biosci 55: 47-54, 2013

※本品は研究用試薬であり、医薬品ではありません。