飼料分析サービス

日本国内のGLP制度では、厚労省、農水省、経産省の各GLPがそれぞれ適用されています。
当社もGLP対応の試験で使用される実験動物用飼料に求められる品質の安定および向上、また、分析データシステムの充実および分析技術の向上などに応えるため日々努力を重ねています。
当社が提供する分析データサービスは以下の通りです。目的に応じてご利用下さい。

サービスデータ:分析項目

下記項目ごとの分析データは、年間分析予定表に基づいて分析を実施し、
製造後約2カ月以内にデータを取りまとめて公表しています。
是非ご利用下さい。

一般成分 水分、粗蛋白質、粗脂肪、粗灰分、粗繊維、可溶性無窒素物
細菌検査 一般生菌数、大腸菌群、サルモネラ、真菌類

第三者分析データ:分析項目

金属元素 総水銀、カドミウム、鉛、総クロム、ヒ素、セレン
りん系農薬 マラチオン、パラチオン
塩素系農薬 ヘプタクロール、γ-BHC、DDT、
ディルドリン、アルドリン、エンドリン
その他 アフラトキシン(B1、B2、G1、G2)、PCB、亜硝酸根、
ニトロソジメチルアミン、エストラジオール、
ニトロソジエチルアミン

全項目、ユーロフィン社(Eurofins Food and Product Testing JapanKK)にて分析しております。
製品により分析項目が異なります。詳しくはお問合わせください。
当該ロット製造の翌月末にはデータアップしておりますので、サービスデータの一般分析、細菌検査と合わせてご利用下さい。


その他

また、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、脂肪酸などの成分についても定期的に分析しておりますので、別途ご利用下さい。